【必須知識】激情型という人格の存在をまず知り、激情型の人間と関わらないように注意すべし

2019-04-07

激情型


激情型とは感情の起伏が激しく、チャッカマンのごとくパッと火が付いて、パッと冷めるタイプのことで、突然人が変わったように怒り出す人のことです。見たことありませんかそういう人?

切れやすい人というのは、一時的に感情のコントロールができなくなるので、精神的に異常があるとも言えます。タチが悪いことに自分が激情型であることを自覚していない人が大半で、多重人格なのでは?と疑ってしまいます。見ていて恥ずかしいくらい怒鳴りちらしていたのに、少し時間を置けばさっぱりした顔に戻るのですから。

そんな怒りっぽい性格の人と関わると、多大な被害を受けることがありますので注意が必要です。この情報を知っておくだけで平穏な生活を送れる可能性が高まります。

<激情型の人間はみんな同じ性格パターン>


激情型で検索をすると、大体似たような被害状況が書かれています。
ですので、性格のパターンはもう完全に分析されており、どういった人間なのかという答えが出揃っているのです。

激情型を見たことがないという人は、「このハゲぇーーー」で一躍時の人となった豊田元議員を思い起こして下さい。激昂した時は常軌を逸しています。あれが激情型タイプです。劇的ではありますが、漢字は「劇場」の方ではありません。

まずは、激情型タイプの思考についてまとめましたのでご覧ください。

<激情型の思考は自分が主役の生き方しかできない絶対利己主義>


激情型タイプの人間は、根本に子供じみた性格を持っています。
怒っているときは子供がタダをこねる状態と同じになります。そこには理論も理屈もありません。

憤慨してしまったら、激情型の言っていることに対して、いかに理不尽な主張であっても、
「ウンウンそうだね。そうですね。」と賛同しながら話を聞いてあげないと収拾がつきません。
理屈で正しいことを説明しても無駄です。激情型は絶対に折れることはありません。絶対にです(笑)
これを分かっていないと大変な目に合うかもしれませんのでご注意下さい。

最悪、後ろから鈍器で頭を殴られるかもしれません。冗談ではなく真面目な話で。
なんせ感情のコントロールができない人間ですから何をしでかすか分かりません。

激情型が怒鳴りちらして怒っている様をこう表現している人がいました。
「感情でわっと何かが湧き出しているのは、その向こうに神様がいるから」だそうです(笑)

<激情型の対処法はもう結論が出ています「関わるな」>


突然人が変わったように怒り出したら、それはその人の中に、絶対的正義の神様が降臨しているのです。神に憑依されたような状態ですから、正しい理屈で説明しようとしても聞く耳を持ちません。
正しい理屈に対しては、「あれ?相手の主張もなかなか正しいぞ?」と心の中で思っていても引きません。

相手が手強くて困った時は、ずっと自分の言い分を繰り返し主張し続けるか「なんだやんのかぁてめぇ」と最終的には殴り合いの喧嘩を持ちかけてきます(笑)完全にアウトローです。
相手にするだけ無駄ですので、雷と一緒でとにかくその場から立ち去るか、折れてあげるのが正しい対処法となります。

こんな子どもじみた相手に対して、折れないといけないのは、非常に腹ただしいことでストレスが溜まりますが、そもそもこういった人間に関わってしまった時点で、運がなかったと自分をなだめてください。そして二度と関わらないように完全に人間関係を終わらせましょう。

普段は温厚な性格の場合もあるので、ひと目では激情型であると見分けることができません。
なので、知らない内に関わってしまうことがあります。その辺がタチが悪いですよね…

<激情型タイプは相手を攻撃して屈服させることで快楽を得ている>


激情型の人は大声でわめいて相手を攻撃することにより、相手を自分の思い通りにコントロールできると心底思っています。

ですので、基本的に弱い立場の人間にしか激昂しません

弱い立場の人をコントロールしたがりますので、激情型を目にしやすい場面は、
経営者及び上司が上の立場から部下に激昂する
母親が子供に対して執拗な教育をする
金を払ってるのはこっちだから偉いんだぞ!という姿勢のクレーマー客

私は職場で激情型の上司を3人ほど見てきました。激情型が思い通りにできそうな弱い性格の人だけが職場に残っています(笑)
要するに自分が主人公でなきゃダメなんです。だから自分の思い通りにできない人は気に食わないのです。人にコントロールされたくない、人をコントロールしたい側だから、仕事面では経営者になるケースが多いのでしょう。

「中間管理職にダメな奴が多い」とよく聞きますが、ある種こういった性根の腐ったタイプは出世しやすいのが現状。「正直者は損をする」と昔からいいますね。
激情型は強いものには徹底して巻かれるし、部下の手柄は自分の手柄のように、自分の都合のいい風に嘘を並べて上へ報告します。ですので、上の人間は激情型であることに気づくことができません。下からの多くの訴えがない限りは。

激情型は有利なポジションを利用して、自分の立場を脅かすような優秀な人材は全力で蹴落します。絶対利己主義者なので、会社の為とか関係なし。

そんなサイコパス気質のある激情型は少々手強いので、大人しい性格の人では歯が立ちません。ですから、社会的に有利な立場に立ちやすいのです。たまにピリピリ感が半端ない職場がありますが、あれは経営者がいつ爆発するか分からないから皆萎縮しているといった状況なのです。

ちなみにサイコパスとは「信じられないほど自己中心的な言動をする」特徴を持っている人で、250人中1人は必ず存在するという情報があります。
サイコパスと激情型には共通点が多いので、サイコパスについてもリサーチしました。

<激情型とサイコパスを調べると性格データがほぼ一致>


激情型とサイコパスは関連性が強いようで、激情型タイプはサイコパスでもある確率が高いと考えられます。激情型+サイコパスの場合、かなり手強いタイプになります…。逆にサイコパス要素のない激情型は、単純に知的レベルが低すぎるだけだと思われます。

昔テレビで、池上彰が「知性とはなんですかね?」とアナウンサーから尋ねられた際に、「知性の高い人はカッとなって怒らないですよねぇ」と答えていました。色々ある中からその解答がまっ先に出たのが印象深かったです。「えっ!それが知性の高い人の第一の特徴!?」と個人的に驚いたのですが、まあ納得です。

ですが、サイコパスは計算で激昂している節があるので非常に厄介…。
討論も比較的得意だったりするのでスキをあまり見せません。その上コントロールしようとしてくるのです。

▽サイコパスの性格データ
・普段は明るく元気で社交的だけれど自己中心的
・過剰な攻撃性や自己愛という負の顔がある
・周囲からの評価を重要視しています
周囲に自分を特別に見せたいという欲が強い傾向にある
・自分の思う通りの称賛をくれない相手には一気に興味を失くします
相手をコントロールできないと怒りを爆発させたり、脅したりする行動を起こす傾向が強い
・気に入らない人を貶める時も用意周到に行います
嘘を吐くことに一切の抵抗がないので、上手く社会に紛れ込むことに成功している
同僚を卑怯な手で蹴落としてでも出世しようとする傾向が強い
他人を自分の利益のために利用する物だと捉える冷酷な顔を持っています
・自己中心性と衝動性が高い
・責任を取りたがらない
自分の嘘の顔に気付き始めると、理不尽な怒りを爆発させてごまかそうとする

どうでしょう?こうやって特徴を箇条書きにすると、いかに非人道的であるかが分かります。
なんというかもう犯罪者予備軍です(笑)

特徴を見ただけでも、激情型とはとにかく関わらない方がよさそうだと認識できたのではないでしょうか?
平気で嘘をつくというのが本当にいい迷惑です。被害者が一致団結して嘘の証拠を叩きつけて、サイコパスを追放することができれば爽快ですね!

<激情型とサイコパスの見分け方>


あまりに特徴的で決まったパターンの性格ですから、見分け方の分析もされていました。
しかし、嘘を吐くことにためらいのないサイコパスを見分けるのは至難の業とのことです。

▽見分け方の参考データ
笑顔は基本的に目が笑っていない
・とろんと冷めた目つきをしている場合、特に攻撃性が高い
人と話している時に無表情になることが多い
周囲の人をコントロールしたがる
・遠まわしな自慢話をすることがよくある
・人の話をあまり聞かないという傾向がある
注意したとしても聞き入れることはめったにない
・スリルを求める傾向があり、他人と競う仕事に就きたがる

激情型やサイコパスは普通に身近にいる人格パターンの一つです。
社会にストレスを撒き散らしているのはまさに激情型タイプの人間。

性格の特徴をおさえて見分けられるようになれば、そういった輩に振り回されずに生きていけるようになります。他人目線で物事を考えるという人間として大事な資質が抜けている激情型の人間とは、とにかく関わらないようにするのが最善な対処法です。

豊田元議員は自分の利益を第一に考えて政治を行うタイプだったということが予想できます。大衆が団結して激情型とサイコパスを駆逐することで、より良い社会が築けることでしょう!

私は奴らの被害にあっている人をみたら、救いの手を差し伸べ、サイコパスキラーになってやると心に決めました。あ、とにかく関わったらダメなんだった(笑)やめておこう。

あれ、でも駆逐することさえ諦めたら、奴らに社会的有利なポジションを牛耳られて、残念な世の中になってしまうではないか…。もう完全に詰んでいるのかこの世は…トホホ

カテゴリ: 特命リサーチ

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。