ヒゲ脱毛に4年通った実体験レビュー「ヒゲ脱毛は絶対オススメ 時短・清潔感UP・若返り」湘南美容クチコミ評判

2019-02-28
ヒゲ脱毛



<ヒゲのコンプレックス>


私は日本海側の寒いエリアの育ちで、色白でヒゲが目立ちやすい容姿でした。
しかし、ヒゲが生えるのは当たり前のことだし、男ならみんな同じですから特に強いコンプレックスではありませんでした。

なんでヒゲ脱毛に興味を持ったのだろう?自分でもそこはうやむやですが、
ヒゲが生えていた頃は定期的に一本一本ピンセットで抜いていました。
抜いたときは剃るよりも口周りがすごくキレイになり、その時の見た目が自分的に好きだったのです。

でも、一週間ほどするとまた生えてくる。苦労してヒゲをピンセットで抜いても抜いても。よりコシが強くなった毛が容赦なく無慈悲に生えてくる。
それである日、ヒゲ脱毛に興味を持ち一大決心をしたのだと思います。

<ヒゲ脱毛に必要な予算について>


さて、結論からいいますとヒゲ脱毛をして後悔はしていません。
毎日のひげ剃りから解放され、見た目も5歳ほど若返り、清潔感が増して異性からの視線も良くなったと、ひしひしと感じています。これは思い違いの可能性も否定できません。

ヒゲ脱毛にかかった予算は7万円ポッキリでした。
今から4年前なので2015年頃にあった湘南美容のサービスで「7万円で4年間は口周りの脱毛し放題」といったものを利用しました。

美容クリニックには行ったことがなかったので不安を抱えながら門をくぐりました。
すると男性で埋め尽くされた待合室。ヒゲからの解放をのぞむ同士達がそこにはたくさんいました。
最初は受付の姉さんに案内をされ、「7万円で4年間のやつを」と伝え、サービスの詳細を説明してもらいました。
前払いでしたので、その日にサービス代金を一括で支払い、次はクリニックの院長とのお話。
一回目は「8ジュールからの弱めの照射からしていきますね」とのこと。

<医療レーザー脱毛による痛みについて>


某お笑い芸人が、ヒゲ脱毛で飛び跳ねるほど痛くてソッコー辞退したという情報をテレビで耳にしたことがあり、痛みの部分で不安だったのですが、
最初は弱めにレーザー照射をして、肌に悪い影響がでないか様子見を含め、施術してくれるということでホッと一安心。
8ジュールは弱いので男のヒゲのように強い毛には効果が出にくいとのことで、最終的には16ジュールで照射していくとのことでした。

早速、8ジュールのレーザー脱毛に挑むことに。
病院の診察室によくあるブラウンの小さいベットに横たわり、メガネを外され、銀色の目を隠すものを目にポツっとセット。目を閉じた状態でも光が全く入らず暗闇です。
ドキドキの瞬間。顔にレーザーを当てるって絶対痛いでしょ、うわっなんか恐くなってきた。マジで飛び跳ねるほど痛いのかな…と不安でいっぱい。
きっと初体験を迎える女性もこんな気持なのかもしれない。
女性看護師が「では、当てていきますねー」とアゴの右側あたりから、

「ピシィッ!」

おっっ!?全然痛くないぞ!?

看護師「どうでしたか?痛みの方は大丈夫ですか?」
自分「あ、全然大丈夫です。」
看護師「そうですか~♪では続けていきますね」
自分「はいお願いしま~す」

「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」…

アゴ周りを右側から左側へ連続の照射。軽い痛みがあるものの全然余裕でした。
よくレーザー脱毛の痛みは「輪ゴムで弾いたような痛み」とありますが、まさにそんな感じです。
なんか微妙に焦げの匂い。黒いものに反応するレーザーだから、ヒゲの焦げた匂いなのかな。

看護師「次は鼻の下の部分を照射していきますね~♪」
自分「はいお願いしま~す」

「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」…

ん、鼻下はアゴの部分より痛みが強いぞ…。あ、まだ続くんですね…。

「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」「ピシィッ!」…

照射を連発されるとなんか痛みがどんどん増してくる!けどまあ大したことないなって感じでした。
人中線(じんちゅうせん)といえば伝わるのか、急所が多くあるとされる人間の中央部分は他の部分より痛みを強く感じました。
あとローキックのように、何度も連発されるとじわじわ効いてくる感じもあります。最初の1、2発はへっちゃらなのですが。

看護師「はい終わりましたよ~。どうでしたか??」
自分「ちょっと痛みはあるものの、歯医者で虫歯を削られる時と比べれば痛くなかったです!」
看護師「そうですか。良かったです。ではお冷やしをお渡ししますので、レーザーを当てた部分を冷やして下さい。」
自分「あざーっす!」

ということで1日目が終了。レーザー照射した部分はちょっと皮膚が赤くなりましたが、1時間もしないうちに元に戻りました。
気になる人は照射後の赤みを隠す用のマスクを持っていくといいかと思います。ちなみにレーザー脱毛はヒゲを剃った状態で受けます。
照射直後は、しばらく皮膚が赤くなるだけで、照射前となんら変わりがありません。

ヒゲを脱毛した男

<レーザー脱毛の照射後の様子>


レーザー照射後2日目、照射後でも普通にヒゲが生えてきます。
レーザー照射1週間後、泥棒ヒゲの状態。照射後のヒゲは剃っても大丈夫なのですが、キレイには剃れません。毛根が死んでいて根本がユルユルになって剃れないようです。
レーザー照射2週間後、毛がするすると抜け落ちて、ツルツルの肌になります!
照射後の2週間未満は普段よりもヒゲが濃く感じるかもしれません。うまく剃れないので不格好です。そこはなんとか取り繕って乗り切ってください!

レーザー照射は2ヶ月に1回なので、年に6回だけ美容クリニックに通うということになります。

そして2回目は前回よりも強い10ジュールでの照射。これも痛みは大したことがありません。8ジュールとさほど変わらなかったです。
4回目の12ジュールあたりから、痛みが増したなとはっきり感じるようになります。

そして6回目で最大の16ジュールでの照射!これは結構効きます!が、歯医者の痛い治療と比べると全然痛くないです。
ただ、涙がちょちょぎれる感はあります。目にセットされている銀の被せ物を取った際に、涙がスーっと流れたことがあって、
看護師にバレたかなと、ちょっと恥ずかしい思いをしたことがあります。
ですので、そこそこ痛いというのが正直な話。痛みに弱い人は「とても痛い」という表現をされますので、個人差があります。

<ヒゲがなくなるまで何回の照射が必要か>


1年目ではヒゲはなくなりません。照射2週間後から1週間くらいの間は、自分でヒゲを抜いたときと同じようにツルツルになりますが、また生えてきますのでそれの繰り返しです。
如実に変化を感じたのは2年目の後半で10回目を終えたあたりでしょうか、ヒゲの量が激減して、生えてくる毛も細くて目立たないものになってきました。
3年目の半ばにはもう通わなくてもいい状態になりました。毛穴がなくなるので、かなりキレイな肌になります。
女性が足や腕の毛を脱毛したくなる気持ちがわかります。毛穴がなくなるとツルツルになって、シャワーの水が弾くようになるのです。

毎朝のひげ剃りからの開放で身支度(みじたく)の時短。それだけでも7万円の価値は十分。コスパ的には5つ星だと個人的には思っています。

ですが、残念なお知らせです。湘南美容はヒゲ脱毛を受ける方が急増し、現在は「7万円で4年間は口周りの脱毛し放題」のサービスは終了しています。
2019年2月現在は、6回30,000円のサービスとなっております。最低でも3年は通わないとヒゲがなくならないので18回(120,000円の予算)は必要です。
あるいは、最初から早めに16ジュールの強い照射で脱毛効果を大きくして12回ほどで終わらせることも可能かもしれません。
プランの期間が短い分、途中離脱がしやすくなるメリットがあるので、より気軽になったとも考えられます。

医療レーザー脱毛についての実体験によるお話でした。ご参考になれば幸いです。

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。